CBDで吐き気や頭痛。ODしない方法や併用がダメな薬!副作用との違いも

CBDは大麻草の茎や種から抽出される自然由来の成分で、サプリメントの一種として販売されています。

CBDは大麻ではないので、精神作用もなく、依存もありません。

安全性は高いと言われていますが、アレルギーや副作用はないのでしょうか?

飲み合わせなども気になりますね!

今回は、

  • CBDの副作用について
  • ODしない方法や併用NGの薬は?
  • 副作用とは違うが注意すること

についてお話しします。

CBDの副作用について

CBDとは?

CBDとは、大麻草の茎や種から抽出されるカンナビジオールという化合物です。

CBDには大麻の中に入っているTHCという精神作用のある成分は全く入っておりません。

ですので、ハイになったり、依存性があったりしません。

 

CBDは、精神作用のあるTHCと違い安全性が高く、ストレス緩和睡眠補助鎮痛作用免疫作用抗てんかん作用など、たくさんのメリットになる作用があります。

抗てんかん作用などは、難治性のてんかんの治療に期待されていますし、海外では使用されています。

【てんかん】CBDオイルの効果や事例!口コミも!

2020.06.21

 

CBDには副作用はあるの?

CBDには副作用はあるのでしょうか。

副作用は過剰摂取してしまうと現れる可能性があると言われています。

副作用の症状としては以下の症状があります。

CBDの副作用
  • 強い眠気
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 疲労感
  • 口が乾く
  • 血圧低下
  • 下痢
  • 足浴減退
  • イライラ感
  • 肝機能障害

これらの副作用を見ると、使用するのがちょっと怖いと感じるかもしれません。

ですが良い面もその反面もきちんと知ることで上手に付き合っていくことができます。

 

また実際に福岡に店舗を構えてらっしゃる方のこんな意見もあって、ネガティブな部分に蓋をするのではなく、いろんな側面を知っていただけたらなと素直に思っています。

 

ODしない方法をチェック!

CBDしてしまうCBDの過剰摂取とは、どれくらいの量をいうのでしょうか。

過剰摂取のことをOD(オーバードース)ということもありますが、どれくらいの量がその過剰摂取となる〝量〟になるでしょうか。

 

わかりやすくいうと、量が多いのが問題というよりは、高濃度のCBDを多量に摂取したときに副作用は出やすいようです。

ですので、使い始めやまだ慣れていない頃は高濃度のものは使用せず、5%程度のものを使用し、徐々に濃度をあげるようにしましょう。

 

副作用が出てきたら自分にとっては濃度が高いので、濃度を下げて、使用量を減らしましょう。

 

ちなみに現在のググりの段階でわかっていることは明確な定まった摂取量というのはないんです。

CBDの摂取量を紹介!子供からお年寄りまで!【CBDを知る】

2020.07.17

CBDはお薬ではないので・・・難しい線引きなのでしょうか??

 

併用NGの薬は?

CBDは薬ではありませんが、医師から処方された薬を内服している方はCBDと併用することで副作用が出る可能性もあります。

併用禁忌のものは以下のものです。

併用禁忌のもの
  • 抗凝固薬(血液をサラサラにする薬)
  • パーキンソン病の薬
  • グレープフルーツ

それぞれについて説明しましょう。

 

抗凝固薬

抗凝固薬というのは、血栓ができたり、脳梗塞のあと、心筋梗塞の後に内服することのある薬です。

血液が固まるのを防ぎ、『血液サラサラの薬』とよく言われます。

抗凝固薬と併用がなぜダメかというと、CBD自体に抗凝固作用があるため、血液サラサラの現象により拍車がかかる可能性があり、出血傾向になる危険があります。

抗凝固薬を飲んでいなくても、血友病のように、血液凝固障害のある方はCBD摂取には注意が必要です。

ワルファリンなどを飲んでいる方は、CBDを使用する際は必ず主治医に確認しましょう。

 

パーキンソン病

パーキンソン病で薬を飲んでいる方は、パーキンソン病の症状である『振戦』を悪化させる可能性があると言われています。

パーキンソン病の薬と相性が悪いというわけではないかもしれませんが、パーキンソン病の治療中の方はCBDの摂取は主治医に確認しましょう。

 

グレープフルーツ

グレープフルーツは薬ではありませんが、実は薬との相性が悪いのです。

グレープフルーツの成分が薬物代謝の重要な酵素である『シトクロムP450(CYP3A4)』を阻害します。

つまり、グレープフルーツと医薬品を一緒に使用する際には血中濃度が上昇して、効果が必要以上に強まったり、持続時間が長くなるなど、副作用が出やすいです。

CBDを摂取している時はグレープフルーツを摂取するのは控えましょう。

 

副作用とは違うが注意すること

もうひとつ、副作用とは違いますが注意すべきことがあります。

 

CBDにはリラックス作用があることは先ほど触れましたが、その際に血圧が下がったり、眠気が起こったりします。

ですので、CBD摂取後の運転は控えましょう

眠気はCBDの期待する効果でもありますが、居眠り運転や、ぼーっとしたりして交通事故のリスクが高くなります。

 

まとめ

今回は、CBDの副作用や過剰摂取について、また併用禁忌のものなどについてお伝えしました。

抗凝固薬やパーキンソン病の方は特に注意が必要なので、CBDを摂取したい場合は必ず主治医に相談してからにしましょう。

また、高濃度のCBDを過剰に摂取すると副作用がでますので、使用する際は5%など濃度のあまり高くないものから使用するようにしましょう。

パーキンソン病だけに限らず、CBDはまだ研究されている段階なので、わかっていない併用禁忌の薬がある可能性があります。

持病の治療中の方は必ず主治医に相談するようにしたほうが安全です。