CBDという選択肢|CBDの効果や製品・使い方まとめ【初めてのCBD説明書】

CBDという言葉を巷で聞くようになってませんか?

もしくはまだこれまでに聞いたことない人もいるのかもしれません。

 

CBDとは一体なんでしょうか?

CBDには色々な効果があり、目的に応じた製品が出ています。

今回は、

  • CBDの効果は?
  • CBDの製品と使い方まとめ!

についてお伝えします!

CBDの効果は?

まずは、CBDとはなんなのかについてお話しします!

CBDとは、大麻草の茎や種から抽出される自然由来の成分です。

 

『大麻って違法でしょ?!』

と思われましたよね。

実は日本では、茎や種から抽出されたものは違法ではないのです。

 

昭和23年7月10日に大麻取締法が制定されているのですが、その第一条で、

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

引用:ttps://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=81108000&dataType=0&pageNo=1

ときちんと明記されています。

ですので、CBDは、日本でも合法の安心して使用できる成分なのです。

 

CBDの効果やどんな風に使うの?期待できる効果も教えて

では、CBDの効果にはどういったものがあるのでしょうか?

CBDの主な効果として、

  • 殺菌作用
  • 炎症を抑える
  • 睡眠補助
  • 抗痙攣作用
  • ストレス、不安の緩和
  • 免疫力アップ

などがあります。

日本で使用されているCBDで、主な効果の目的はストレス不安の緩和睡眠補助をあげる人が多いでしょう。

また、最近では美容面でも注目されていて、血行促進ホルモンの分泌のサポート免疫力アップなどから、美肌のために摂取していたりします。

 

日本で違法とされる大麻成分THCですが、違法とされる国でいきているのでこんな話は馴染みがないと思いますけれど、調べていてわかったのは抗痙攣作用にも確実な効果があって、他国では医療用大麻として薬剤も作られているほどです。

残念ながら日本は医療用大麻は認められていませんので、日本の医療界では使用されていません。

なのでよその国ではあえて『THC』を含む『CBD』製品を作っている場合があります。

 

ちなみに違法成分THCも合法成分CBDも同じ大麻草から抽出するといっても、まずあてがわれる法律も異なれば、もちろん成分自体の働きや期待される効果も異なってきます。

日本でCBDがいくら合法と言っても、THCを含んでいるものはもちろん日本では使用することができませんので購入の際はお気をつけください。

 

CBDの副作用は?

副作用に関してですが、ほとんどなく、WHOでも依存性がなく安全だと認められています。

しかし、植物由来のため、アレルギーを持つ方もいるので、摂取する際には注意が必要です。

繰り返しになりますが日本では合法と言いましたが、THCという成分が0%のものに限ります。

 

THCとは、いわゆる大麻の「キマる」と言われている成分です。

脳に刺激が強く、精神症状がでるのですが、アメリカではTHCが0.3%のものは合法とされているので、輸入する際には注意が必要ですし、〝粗悪品〟にはTHCが含まれている恐れもあります。

(アメリカでも州によっては大麻が合法だったりするので、THCが含まれているものが〝粗悪〟ってわけではなく、あえて入れている場合もあります。しかし日本で使うには『違法』です!というスタンスで〝粗悪品〟と述べています)

購入する際にはTHC含有0%のもので、きちんと成分表を公表しているなど、信頼できるところで購入するようにしましょう。

 

CBDの製品と使い方まとめ!

CBDの効果について知った上で、CBDには様々な製品があるのでご紹介します!

 

CBDオイル

CBDオイルはメインで使用されています。

スポイドがついた瓶に入っていて、舌下に垂らして口に含んで摂取します。

コーヒーなどの飲み物にいれたりすることもあり、コーヒーのカフェインとCBDのリラックス効果がいい相乗効果を生み出します。

美肌のために摂取している方もいますし、筋肉疲労の改善や睡眠の質の向上から、筋トレやヨガに併用する方もいます。

滴数は自分で調整することができ、上限も広いので調整の幅も大きいです。

 

CBDリキッド

リキッドは電子タバコで使用します。

しっかり肺に吸い込んで、肺から吸収するので効果が現れるのが早く、10分くらいで効果が感じられます。

禁煙やお酒を辞めるきっかけとして使用する方法もあります。

CBDは禁煙や禁酒によって起こる頭痛やイライラを緩和してくれるからです。

水蒸気にして吸うので、禁煙の場所では使用できません。

 

CBDグミ

見た目が可愛いカラフルな色をしたグミです。

人前で食べても目立たないのでパニック障害の方が電車に乗る直前に食べたりします。

また、リラックス効果があるので、ダイエットのサポートにお腹が空いたら1日1粒でも食べると満足感が得られると人気です。

 

CBDクリーム・ジェル、コスメ

CBDには抗炎症作用があるので、肌荒れや皮膚疾患に使用すると効果があります。

口から摂取するとどうしても肝臓で代謝されるので肌まで効果を感じようと思うと大変ですが、クリームやジェルなら直接有効成分を届けることができちゃいます。

コスメも販売されていて、日本ではCBDリップが販売されています。

 

CBDカプセル

寝つきが悪かったり、睡眠の質が悪い人にお勧めです。

CBDは脳をリラックスしたり不安を和らげる作用があります。

寝る前の習慣として摂取する方もいますよ。

 

CBDワックス

濃度が濃く、専用のヴェポライザーで吸います。

濃度が濃いため、ごく少量で結構な値段がするので、CBDを使い慣れてしまって、さらなる刺激や効果を求める人が使用します。

初心者の方はまだ使わない方がいいでしょう。なんせ高いので。

 

まとめ

今回は、

  • CBDの効果は?
  • CBDの製品と使い方まとめ!

についてお伝えしました。

CBDには様々な製品が出ています!

しかし、きちんとした製品を買わないと、違法成分であるTHCが含まれていると違法になってしまいます。

安全なCBDを購入して、快適なCBDライフを送りましょう!