週末お家時間!CBDの活用とおすすめの使い方!

みなさん、週末やお休みの日は何をして過ごしていますか?

カンナは看護師なので、あまり関係なかったのですが、コロナで外出自粛の際はおうち時間の過ごし方について嫌でも見つめることになったのではないでしょうか?

週末などのおうち時間に、CBDをうまく取り入れて、日常生活の質の向上に努めるのはいかがでしょう。

今回は

  • CBDの効果は?
  • 週末のCBDの活用方法!お勧めの使い方

についてお伝えします!

CBDの効果は?

CBDとは、大麻草の茎や種から抽出する自然由来の成分です。

日本でも合法で、ネットやドンキホーテなどでも購入することができます。

主な効果として、

疼痛緩和
殺菌、細菌増殖抑制
血糖値抑制
悪心嘔吐を減らす
炎症を減らす
睡眠補助
抗痙攣作用
精神安定
神経系変性の保護
睡眠を改善する
不安を和らげる
免疫力アップ

引用:chloroo.com

が挙げられます。

製品としては

  • CBDオイル
  • リキッド
  • ワックス
  • グミ
  • クリーム
  • ジェル
  • カプセル など

様々な製品が売られていて、それぞれの目的に応じて使い分けができます。

例えば、寝る前に睡眠補助目的で使用するなら、CBDオイルかカプセルを摂取して睡眠の質の向上を図ることができます。

抗炎症作用目的で肌に使用したいならクリームやジェルが使いやすく、肌にダイレクトに効果を伝えることができます。

また、パニック障害で電車に乗るのに不安がある、仕事中の不安やストレスをなんとかしたい!という人にはグミもあり、人前で食べてもCBDとはわからないので摂取しやすいタイプのものも販売しています。

CBDオイルでも、コーヒーやジュースなど、飲んでいるものに混ぜて摂取することで仕事中も利用しやすいですね。

 

週末のCBDの活用方法!お勧めの使い方

週末のリラックスしたい時間。

お暇な時間。

そんな時間にCBDを取り入れる今注目の『極上リラックス』について紹介します。

コロナの外出自粛中、アメリカでは全体の25%の方がCBDを利用して自宅でリラックスしていたとアンケートに答えていました。

それほどリラックス効果が認められているんですね!

そのほかで、カンナのお勧めの週末のCBDの活用方法をお伝えします!

 

ヨガのお供に

YouTubeでヨガなどの動画を見て、自宅で取り入れている方も多いのではないでしょうか?

実は、ヨガとCBDは相性がいいのです。

CBDはリラックス効果があるため、ヨガの目的にもあっていますし、筋肉疲労もとってくれるので筋肉痛にもなりにくいです。

 

瞑想のお供に

近年、瞑想が流行っていますよね。

瞑想することで自分の願いをかなえたり、運気がむいてくるなど、いろんな本も出版されています。

瞑想とCBDもぴったり相性がいいです。

瞑想中のリラックスの助けにCBDがなってくれますし、不安も軽減するので瞑想に集中できます。

 

筋トレのお供に

これこそ、コロナ渦でYouTube見ながらする人が増えていますよね!

道具を使わなくても、効果的な筋トレの動画がたくさん出ています。

コロナ太りも気になる今日、筋トレにもCBDは効果的なのです。

CBDは抗炎症作用があるため、筋肉に起こる炎症を抑え、筋肉痛の出現の現象につながりますし、鎮痛作用で筋肉痛の軽減になります。

また、睡眠の質が上がるので、翌日に筋トレの疲れが残りにくいです。

せっかく筋トレを続けようと思っても、筋肉痛や疲れが邪魔して継続できない!という方は多いはず!

CBDを取り入れると、それらの悩みが改善されて、継続できるかもしれませんよ!

 

リラックスコーヒータイムに

週末くらい何もせず、コーヒー飲んでゆっくりしたい!と思う方もいますよね。

アクティブではないカンナはまさにそうです。

ゆっくりコーヒーでも飲んで、仕事のこと忘れてのんびりしたい!

でも、仕事のストレスは忘れられないし、あれやこれや不安もあるし、なかなかリラックスできないという方も多いはず!

そんな時、コーヒーにCBDオイルを垂らしてみましょう!

もちろん紅茶やジュースでもいいです。

CBDと大好きな飲み物を一緒に取ることで、リラックスの相乗効果が望めます。

 

何していてもストレスが取れないという方なんかは本当にお勧めです。

温かい飲み物とCBDを取ると、本当にリラックスできるし、不安な気持ちも軽くなります。

特に何もしなくても、リラックスできるのです。

 

まとめ

今回は、

  • CBDの効果は?
  • 週末のCBDの活用方法!お勧めの使い方

についてお伝えしました。

お家タイムの質の向上に、ぜひCBDを取り入れてみてください。

リラックスできたり、効果的に健康維持できますよ!

持病があって医師に診てもらっている方は、主治医に相談してからにしてくださいね。

また、妊娠中や授乳中の方への安全性は確立していないので、摂取しないようにしましょう。