CBD製品の体への危険性は?お酒やタバコとも比較!

カンナはタバコは吸わないんですけど、同僚は今までぼトータルで考えると吸う人多かったですね。

今は病院では吸えないので、どうされているのか分からないんですけど。

でもお酒は飲みます。

もうストレスマックスの時、家飲みで酔い潰れるのが大好きです(やばい)

 

タバコおお酒も、あんまり体にいいものではないですよね〜。

CBDに詳しくなったカンナは、CBDとお酒とタバコ、どちらが体への危険性があるのか調べてみることにしました!

驚きの結果ですよ!

 

この記事では、

  • CBDの効果
  • CBDとお酒とタバコの危険性の順位は?
  • 口コミ

についてお伝えしようと思います。

CBDの効果

今までも、耳に(目に?)タコができるくらいこのサイトの記事で書きまくってきたのですが、CBDは大麻由来の成分だけど日本でも合法です。

大麻草の茎と種から抽出する自然由来のもので、精神興奮をもたらすTHCという大麻の成分は入っていませんし、依存性もないと研究結果が出ています。

 

ですので、普通にロフトで買えますし、その他売っているところはいっぱいあります。

以前の記事でご紹介しているので、参考にしてください。

【北海道】CBDオイル販売店の店舗情報まとめ(2020年最新)

2020.07.06

【福岡】CBDオイル販売店の店舗情報まとめ(2020年最新)

2020.07.06

【神奈川県】CBDオイル販売店の店舗情報まとめ(2020年最新)

2020.07.03

【東京都内23区】CBDオイル販売店の店舗情報まとめ(2020年最新)

2020.06.26

 

CBDの効果を簡単にまとめると、

疼痛緩和
殺菌、細菌増殖抑制
血糖値抑制
悪心嘔吐を減らす
炎症を減らす
睡眠補助
抗痙攣作用
精神安定
神経系変性の保護
睡眠を改善する
不安を和らげる

引用:chloroo.com

という効果があります。

他にも体の免疫をあげたり、てんかんの症状を和らげるなど、様々な効果が研究では発表されています。

 

CBDとタバコとお酒、実際どれが危険なの?

CBDの違法ではないんですけど、大麻から抽出されるということから、躊躇される方もいらっしゃると思います。

たくさん調べたカンナが思うには、本当に安全なんですけどね。

 

リスクについての表ですが、こんなものがありましたのでお借りしてまいりました!

リスクの表

CANNABISがCBDのことなのですが、リスクが一番低いですね。

 

実際、お酒とタバコと大麻、どれが危険なのか研究した学者がいます。

イギリスのデビット・ナットという学者で、学者の中では有名な『THE LANCET』という雑誌で結果を発表しているのですが、危険性は、1位がアルコールで、その後タバコなどが続き、大麻は8位でした。

https://twitter.com/mrryoman4/status/1287716145034739713?s=21

 

アルコールは依存性もあるし、酷く酔うと他者に危害も加えるからということです。

CBDや大麻に対する規制がおかしいということは、薬物政策国際委員会でも言われており、今後動きがある可能性があります。

 

オバマ前大統領も「マリファナ(大麻)はアルコールほど危険ではない」と公言し、日本でも波紋を呼びました。

繰り返しいいますが、CBDと日本の規制成分THCは成分が違うので、どちらも大麻由来ですが法律の扱いも別物ですからね!

 

ここまで安全安全とCBDについていうのも、逆にあやしと思われるかもしれませんね。

だって、どんな良薬だって副作用はあるんですから。

っということで副作用について調べたことをお伝えすると、

2018年4月、米陸軍は、ノースカロライナ州の2つの基地の医療センターで、数ヶ月のあいだにVAPE用CBD(カンナビジオール)オイルの使用に関連するとされる健康問題が60件報告されたことを受け、その健康被害を公に警告した。患者の症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、見当識障害、興奮、発作など多岐にわたった。

その数ヶ月後、ノースカロライナ州の医療関係者も、現地の救急治療室を訪れた30人がVAPEによるCBD製品吸入に関連する幻覚、意識喪失、不整脈を訴えたことを受けて、警告を発表した。両者の発表が示唆しているのは、VAPE用CBDオイルへの関心が高まって入手しやすくなり、健康効果を謳う声(決定的な根拠はまだないが)が広まると同時に、各州で合法化が進み、このような患者が急増する可能性を医療関係者が懸念している事実だ。

引用:www.vice.com

このような情報はありますが、これはおそらく多用したためでしょう。

時々必要時使用する分には、副作用は頭痛、吐き気くらいだと言われています。

 

例えば、お馴染みロキソニンも、副作用こんなにあるんですよ。

主な副作用
胃部不快感 、 食欲不振 、 浮腫 、 発疹 、 眠気 、 下痢 、 過敏症 、 口渇 、 血圧上昇 、 しびれ 、 眩暈
重大な副作用
腹痛 、 悪心 、 嘔吐 、 蕁麻疹 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 血圧低下 、 喉頭浮腫 、 呼吸困難 、 無顆粒球症 、 溶血性貧血 、 白血球減少 、 血小板減少 、 中毒性表皮壊死融解症 、 Toxic Epidermal Necrolysis 、 TEN 、 皮膚粘膜眼症候群 、 Stevens−Johnson症候群 、 急性腎障害 、 ネフローゼ症候群 、 間質性腎炎 、 高カリウム血症 、 うっ血性心不全 、 間質性肺炎 、 発熱 、 咳嗽 、 胸部X線異常 、 好酸球増多 、 消化管出血 、 重篤な消化性潰瘍 、 吐血 、 下血 、 血便 、 消化管穿孔 、 心窩部痛 、 小腸潰瘍 、 大腸潰瘍 、 小腸狭窄 、 小腸閉塞 、 大腸狭窄 、 大腸閉塞 、 腹部膨満 、 肝機能障害 、 黄疸 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 γ−GTP上昇 、 劇症肝炎 、 喘息発作 、 急性呼吸障害 、 無菌性髄膜炎 、 頭痛 、 項部硬直 、 意識混濁 、 横紋筋融解症 、 筋肉痛 、 脱力感 、 CK上昇 、 CPK上昇 、 血中ミオグロビン上昇 、 尿中ミオグロビン上昇 、 再生不良性貧血
上記以外の副作用
血尿 、 蛋白尿 、 排尿困難 、 尿量減少 、 胸痛 、 倦怠感 、 発汗 、 貧血 、 消化性潰瘍 、 そう痒感 、 便秘 、 胸やけ 、 口内炎 、 消化不良 、 動悸 、 Al−P上昇 、 顔面熱感
引用:medical.nikkeibp.co.jp

ですので、あまり過剰に心配しないで欲しいです。

 

タバコなんて、ニコチンの依存性は

依存の表
こんなに危険ですしね。

Twitterで意見をみてみましょう。

続けてCBDに関する体への危険性についてTwitterで口コミチェクしてみました!

https://twitter.com/activehealthlab/status/1220259589444136960

様々な意見があります。

 

まとめ

今回は、

  • CBDの効果
  • CBDとお酒とタバコの危険性の順位は?
  • 口コミ

について話をしました。

様々な意見がありますが、私は適量を守れば、CBDも安全だから試して欲しいなという思いがあります。

タバコやお酒は害しかないけど、CBDは高痙攣作用、免疫向上などのいい効果もあります。

大麻とは成分が全く違うので、気になる方は販売しているお店で話を聞いてみてもらいたいなと思います。