CBDコーヒーってどんな味?効果や口コミもチェック!

CBDの効果とか、摂取方法は今までの記事でだいぶお伝えしてきたのですが・・・

なんと!コーヒーまであるそうなんです!

カンナはどちらかというと紅茶派なんですけど、CBDコーヒーは気になる!

今回は、

  • CBDコーヒーってなに?
  • CBDコーヒーってどんな味?
  • 効果はどうなの?
  • 効果や口コミをチェック!

をお伝えします。

CBDコーヒーってなに?

そもそもCBDコーヒーってなんでしょう?

CBDオイルは飲むので、飲み込んで悪いものじゃないことはわかるのですが、コーヒー?

どういうものなのでしょうか?

 

自分でどうも作れるらしいのです。

基本的には、CBDオイルをコーヒーに混ぜればいいらしいのですが、濃度や純度を拘りたい人はアイソレートを使用したいでしょう。

CBDアイソレートとは、産業用ヘンプからCBDだけを単離させたもので、純度99%以上です。

しかし、CBDアイソレートは水に溶けないので、純度や濃度に拘りたい方はMCTオイルというものを溶かすのがいいそうです。

 

純度とかそこまでこだわりないという方は、手持ちのCBDオイルでいいですよ!

CBDコーヒーは、コーヒーにCBDオイルを10滴くらい入れて、よく混ぜたら出来上がりです!

どれくらい入れるかは、ご自分のお好みで大丈夫です。

 

CBDコーヒーってどんな味?

コーヒーにCBDオイルを入れたらどんな味になるのでしょう?

CBDオイルはオリーブオイルのような味なので、そんなに邪魔はしないような気もしますが・・・

味は、コーヒーの苦味がCBDオイルの独特の味を中和して、まろやかな感じです。

バターコーヒーとまではいきませんけど、あれも油を入れますもんね!

まずくはないですよ!

 

効果はどうなの?

効果としては、CBDの効果、リラックスや、精神安定などが期待できます。

そして、コーヒーのカフェインの覚醒作用で、頭はさえつつも、体はリラックスした状態を保つことができます。

これって、仕事にちょうど良いですね!

また、何か考えことをしたい時とか、リラックスはしたいけど、眠くなるのは困る時など、コーヒーに混ぜたらちょうどいいですね!

 

ちょっと注意点なのですが、

FDA(アメリカ食品医薬品局)は、CBDが食品添加物として安全とみなされるまで、カフェやレストランでの提供は規制しているようです。

誤解しないでいただきたいのは、CBD自体は規制されていません!

全くの合法です。

 

食品に入れて提供するとなると、添加物としての分析がいるから、規制しているだけです。

規制はされているようですが、アメリカでも普通に飲まれていますし、日本でも提供しているカフェはあります。

CBD自体には問題はないわけですから。

 

CBD自体が自然のものなので、オーガニックに拘ったコーヒーを販売している会社がロサンゼルスにも出てきました。

Cannabis Global社はカプセル式のCBDコーヒーも開発し、

我々は、本当にユニークな抽出ヘンプ・コーヒー製品を開発しました。

この新製品は、最近完了した研究開発の取り組みに基づいており、その結果、天然成分のみを使用し、化学添加物を使用しないデュアル注入クリーンラベル・プロセスが実現しました。

最初に販売を開始する商品は、ポッド、蓋、すべてのパッケージを含む、100%堆肥化可能な形式の一杯だてコーヒーポッドです。

引用:https://hemptoday-japan.net

と、自然に優しいコーヒーポッドも開発しています。

また、ほとんどのCBDコーヒーはCBDなどの抽出物をコーヒーに混ぜるだけですが、独自のデュアル注入プロセスも特許申請中だそうです。

これからCBDコーヒーももっと進化を遂げそうですね!

 

効果や口コミをチェック!

https://twitter.com/seicoxing/status/1276865833424130050

これは、わかりやすいですね!

医師も使っている人がいるんだ!

使ってる看護師がここにいますよ〜〜!

まとめ

今回は、

  • CBDコーヒーってなに?
  • CBDコーヒーってどんな味?
  • 効果はどうなの?
  • 効果や口コミをチェック!

をお伝えしました!

カフェインの覚醒作用と、CBDのリラックス作用がいい感じにブレンドされて、いい考えも浮かびそう!

早速試してみます〜。